的中率をあげる舟券の買い方や、競艇でのコロガシについて解説します。

競艇

 

白熱のボートレース

 

競艇は公営ギャンブルの中でもっとも出走数が少ない6艇固定。さらにイン側が有利で1コースの平均1着率は50%を誇り、舟券を的中させるのが簡単です。
サクサク当てられることから、ここ最近はネット投票での参加者が増えており、公営ギャンブルの中でもっとも売上増加率が高まっています。
プチ競艇ブームが起こっているといっても過言ではないでしょう。

 

競艇は手軽に当てられる一方で、安定した収支を出すにはコツが必要です。
趣味で嗜む程度であれば一日に遊ぶレース数を事前に決めるなどして深入りしないように注意しましょう。
一攫千金を狙いたい方はコロガシ手法で競馬など出走数が多いギャンブルを上回る配当金を狙うことが可能です。

 

負ける人が多い仕組み

 

損失を被る男性

 

競艇は舟券を的中させる難易度が低く、3連単の総組み合わせ数は120通りしかありません。
しかし、舟券は的中できても中長期的に利益を出せる人の比率は他の公営ギャンブルと同じで、初心者は大きな損失を出しやすい特徴をもっています。

 

冒頭で紹介した通り、競艇は1コースの勝率が50%ほどあります。
本命を軸にした予想で不的中になった場合でも、次のレースでは1コースなどの本命選手が手堅く勝つかもしれないと淡い期待を抱くものです。

 

無理して多くのレースの予想に参加してそれまでの損失を回収できることもありますが、「次のレースで取り返す」といった考え方がある初心者はどこかで必ず大ケガをします。

 

当たりやすいからこそヤメ時が難しくて依存症になりやすいリスクを持っているので注意してください。
競艇で損失を出したらその日の損失は早めに受け入れ、日を改めて再度勝負をすればヒートアップして大きな損失を出すリスクを回避できるでしょう。

 

大きな利益を狙うコロガシとは

 

コロガシとは1レース目に的中して得た配当金次のレースの軍資金にすることです。

 

仮に投資金に対して1レースあたり200%のリターンを得る方法で投票した場合、1万円→2万円→4万円と複利運用して少ない軍資金から大きなリターンを狙います。
全力でコロガシをした場合、1レース目で的中しても2レース目で不的中なら配当金を全て失ってしまうため、ハイリスク・ハイリターンの投資法です。

 

コロガシの原理

 

初心者の方が真似するのはおすすめできませんが、競艇は出走数がもっとも少なく1コース有利な特性があるので、コロガシと相性が良いギャンブルです。

 

競艇場は全国24場あり、連日複数の競艇場でレースが行われています。
たくさんのレースを選択肢にして、その中から本命が固いレースや水面が穏やかで波乱が起きにくい環境の競艇場をピックアップすれば、高いコロガシ成功率を確保できます。

 

昨今はネット投票で全国の競艇場を対象にコロガシ勝負するレースを探せるようになったため、舟券予想で稼ぐプロやセミプロが増加中です。
趣味で嗜む目的ならおすすめできない手法ですが、競艇は分析しやすくて大きな夢を見られます

 

大きな夢を掴む

 

競馬など他の公営ギャンブルで勝てなかった人や、これから初心者でも遊びやすいギャンブルを始めようとしている方は、競艇を一度試してみてください。

ページの先頭へ戻る